「ここには僕しかいないんだから。僕を養ってくれるダッペか?」
 初めまして、ダベ鳥ダッペ。